« from same school | トップページ | 最終リハーサル »

JTSPご応募に関して

JTSP(日本タップダンス奨学生制度)、2018年オーディションを控え、お問い合わせが多い点をこの場を借りて説明させて頂きます。

まずオーディション日程ですが、GWとはいえ5/2はカレンダー上は平日。学生さんは学校がある方も多いと思います。
休んでも来る方もいるようですが、どうしても休めない方には5/3 10:00でも可能なようにさせて頂きます。
ただ、やはりオーディションですので、心象としてオリジナル日程に参加される方と比べてペナルティになるかもしれません。ご了承ください。

もう1点、沢山の質問が来ている件です。
「師事する先生の承諾書」ですが、特定の用紙はありませんので、JTSPオーディションを受ける事を承諾して頂いてること、そして受かった暁にはJTSP生として、日本のタップシーンに貢献する活動を承諾して頂く事がわかればどんな形でも良いです。手書きで大丈夫です。

JTSPはテクニックの向上よりも、人間同士のコミュニケーションが希薄になっている現代社会で、同じことを愛する人間同士の国境を越えた愛や、人への感謝・敬意を育てることを第一の目標にして参りました。

タップがスポーツ化してきた昨今、個人主義・テクニック主義になってきていることもあり、また小さいとなかなか精神の教育が難しいこともあり、私が同行できるかもわからなかったので、年齢を引き上げましたが、強い要望があり、シカゴには私も同行致しますので、2018年もシカゴは中学生(渡米の際に13歳)以上に戻させて頂きました。
あとはオーディションで技術以外のことも審査対象となりますので、そこで審査に携わって頂く方で判断させて頂くことになります。

今週末に開催されるNational Tap Dayでは、シカゴに行った10代の子達が皆で協力し素晴らしい作品を作ってくれました。
それを見た私の仲間は「JTSPの子供達、素晴らしいね。シカゴに連れて行った甲斐があったね~」と言って下さいました。

Jtsp2018

JTSPの活動はボランティアです。お金は入りませんが(笑)、お金では買えない絆や愛を沢山頂いてますheart02
これこそ、私が大切にしていることです。
10年 20年後を視野にいれての活動なので、少しでもそういうのが見えてきたのが嬉しくもあります。

そして協力して下さる多くの方々や、スカラシップを下さるアメリカのタップファミリーに感謝ですheart04

色々苦労もありますが、体力・気力が続く限り頑張りたいと思いますscissors

|

« from same school | トップページ | 最終リハーサル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1182980/73321172

この記事へのトラックバック一覧です: JTSPご応募に関して:

« from same school | トップページ | 最終リハーサル »