« 有る事に感謝 Part.2 | トップページ | 浜松へ »

日本人で良かったと思う時

アメリカのコネティカット州の小学校で起きた銃乱射事件・・。

つい先日、ボストンからNYにダイアンと車で戻る時に通った場所です。

26人の犠牲者のうち、幼い子供が20人・・・。
悲しすぎます・・・。
ご家族の気持ちを考えると、胸が詰まります。

海外に行く事が多くなればなるほど、「日本人で良かったな~」と思うことが増えましたが、やはり治安の良さはその大きな理由の1つです。

何故 銃が簡単に買えるのかとても不思議です。

何度もこういう事件を繰り返しているのに・・・。

合掌

|

« 有る事に感謝 Part.2 | トップページ | 浜松へ »

コメント

初めまして。
日本に住む日本人にアメリカの銃社会を理解するのは不可能です。

警察署がある都市部は別として、都市近郊、郊外になると、警察に通報したとしても、警官が駆けつけるまで30分~1時間かかるところがざらにあります。

そういった地域に住む人達にとって、やはり銃は必需品なんですよ。
治安の良い日本の基準で考えるから、「銃を所持したいアメリカ人は理解できない」のです。

投稿: tetsu | 2012年12月18日 (火) 22時19分

tetsuさん。コメントありがとうございます。

わかります。私もアメリカの都市郊外に住んでいた経験があるので、銃を持っている人に見せてもらった事がありますし、家に普通に置いてある光景も見ています。

購入の方法と、メンタルの病気の面も討論しないといけないですよね。

メンタルの病は今やアメリカだけの問題ではないですしね。


日本は刃物を持ってるだけでも逮捕されます。
それも事前に惨事を防ぐのに役立っているのだと思います。

色々環境が違うと難しいと思いますが、無差別殺人の場合、誰でも被害者になりえるし、自分の子供がそういう目にあったらって考えてしまいます・・・

投稿: smilie | 2012年12月18日 (火) 22時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1182980/48363461

この記事へのトラックバック一覧です: 日本人で良かったと思う時:

« 有る事に感謝 Part.2 | トップページ | 浜松へ »